当たり前ですが、ダイヤモンドの買取をするときは、カラット数が買取金額に非常に大きな影響を持ってきます。
ダイヤの価値をそのまま反映している数字ですから、当たり前ですよね。

あまり慣れていない人の場合は、その辺りをよく認識できず、悪徳業者一歩手前みたいなところに足下を見られてしまうようなこともありますから(悲しいことに。)、事前にある程度はダイヤモンド買取の知識を得ておくと、納得のいく取り引きをしやすいでしょう。

何も専門的なダイヤモンドの知識をつけるのではなく、あなたが売ろうとしているダイヤの買取価格が適正であるかどうか把握するための、ほんのわずかな知識で良いのです。

カラット数やカラー、クラリティやカットなどですね。アクセサリーであれば、ブランドによって買取価格が変わる場合もありますし、ダイヤモンドのようなジュエリー類の場合、査定の際にアクセリー部分から解体される可能性があるということも知っておかなければなりません。

そういった場合、もしも査定のあとにそこで買取をしないと決めても、アクセサリーには戻せない場合がありますからね。