ダイヤモンドの買取とカラット数

ダイヤモンド

当たり前ですが、ダイヤモンドの買取をするときは、カラット数が買取金額に非常に大きな影響を持ってきます。
ダイヤの価値をそのまま反映している数字ですから、当たり前ですよね。

あまり慣れていない人の場合は、その辺りをよく認識できず、悪徳業者一歩手前みたいなところに足下を見られてしまうようなこともありますから(悲しいことに。)、事前にある程度はダイヤモンド買取の知識を得ておくと、納得のいく取り引きをしやすいでしょう。

何も専門的なダイヤモンドの知識をつけるのではなく、あなたが売ろうとしているダイヤの買取価格が適正であるかどうか把握するための、ほんのわずかな知識で良いのです。

カラット数やカラー、クラリティやカットなどですね。アクセサリーであれば、ブランドによって買取価格が変わる場合もありますし、ダイヤモンドのようなジュエリー類の場合、査定の際にアクセリー部分から解体される可能性があるということも知っておかなければなりません。

そういった場合、もしも査定のあとにそこで買取をしないと決めても、アクセサリーには戻せない場合がありますからね。

ダイヤを高額で買取ってもらいたいなら…

ダイヤモンド

ダイヤの買取って基本的には高額になると思うんですよ。
そもそもダイヤって高いものですから、鑑定書とか付いていればそれなりの価格での買取になると思うんです。
私もいつだったかカルティエのダイヤを買取ってもらった事があるんですけど、かなり高額だったのを覚えているんです。
でもやっぱり鑑定書とか、あとはそうそうないでしょうけど、傷が付いてしまっていたりすればやっぱり買取額は下がりますよね。
だって買取るって事はまた販売するって事ですよね。
再販されているダイヤを購入する人だって、出来れば良い状態の方が良いに決まっていますよね。
だから、次ぎ買う人が「これは欲しい」って思えるような状態のダイヤだと高額での買取になるって事だと思うんですよね。
私が売ったカルティエのダイヤはあまり使っていなかったって事と、鑑定書もしっかりと残っていた事もあってかなりの高額だったんでしょうね。
使っていなかったものが高額で買取ってもらえたんですうから、個人的にはかなりありがたい話だなって思いました。
まぁダイヤを眠らせている事情は人それぞれでしょうけどね。